メインビジュアル

日報ブログ

【Googleアナリティクス(UA)】カスタムレポートでユーザー数がセッション数より多くなる理由

GA4研究所
ケンジ
AUTHOR ケンジ
【Googleアナリティクス(UA)】カスタムレポートでユーザー数がセッション数より多くなる理由

はい、こんにちは!ケンジです!

今さらユニバーサルアナリティクス?UA?(=Googleアナリティクスの、4ではない従来バージョン)と思う人いるかもしれませんが、まだまだニーズがありますし、今でも時々質問があるので、記事にしておこうと思います。みなさん、UAのカスタムレポートを使った際に、ユーザー数がセッション数より多くなって戸惑った方いませんか?あれ?ユーザーって訪問者数だからサイトにいくら来ても一人だよね?セッションって訪問回数だから一人のユーザーが何回そのサイトに訪れたかだよね?なんでユーザー(訪問者数)の方が多いんだっけ?

頭から煙が…(-“-)
UAのユーザー数がセッション数より多くなる事象

今、この記事を読んでいる人や、訪れた人もまさにそれなのかもしれません。ちょっとこの現象について説明しますね。

UAのユーザー数がセッション数より多くなる事象

まずカスタムレポートは、ページレベルのディメンション(GAのレポートの一番左がディメンション)を「ページ」で設定した場合、ユーザー数がセッション数より多くなることがあります。

UAのユーザー数がセッション数より多くなる事象

セッション数とユーザー数の違い

セッション数は、サイトやアプリでユーザーが操作を行っている時間のことです。ユーザーが30分以上操作を行わなかった場合、それ以降の操作は新しいセッションと見なされます。サイトを離れたユーザーが30分以内に同じサイトに戻ってきた場合は、同じセッションとして扱われます。
もう一つのユーザー数は、ある期間内に何回訪問しても、カウントされるのは1回です。ですので、ユーザー数はセッション数より多くならないはずです。しかし、カスタムレポートでは、ユーザー数がセッション数より多くカウントされることがあります。

なぜユーザー数がセッション数より多くなるのか

ユーザーの数が訪問回数を上回るってどういうことでしょうか?

まず「ページ」というディメンションを、カスタムレポートで使うと「ページ」というディメンションに対するセッション数の指標を参照します。セッション数はセッションの最初のヒットで加算され、このタイプのヒットに関連付けられているためです。

ユーザー数がセッション数より多くなる理由を詳しく

下のように二人のユーザーがいたとします。

ユーザーAの行動(見たページ):A → B → C
ユーザーBの行動(見たページ):B → C
なぜユーザー数がセッション数より多くなるのか

このような場合、カスタムレポートでページのディメンションを使うとUAは「ページA」「ページB」「ページC」にユーザー数「1」を割り振ります。

ページAのユーザー数:1
ページBのユーザー数:2
ページCのユーザー数:2

従って、本来であればページに訪れた人は2人になりますが、ページ単位でのディメンションなので、ページ軸でのカウントとなります。
なぜユーザー数がセッション数より多くなるのか2

また、この場合のセッション(訪問回数)は、初めにタッチしたページだけにカウントがされますので下記のようになります。

ページAのセッション数:1
ページBのセッション数:1
ページCのセッション数:0

なぜユーザー数がセッション数より多くなるのか3

どうでしょうか?ユーザー数とセッション数を比べるとユーザー数のが方が多くなっていると思います。

ページ単位のディメンションをカスタムレポートで作ると起こる現象

ディメンションでページを使ったカスタムレポートでは、下記の原因でユーザー数が多くなるという事象が発生します。

  • ユーザー数は閲覧したページそれぞれに割り振られる
  • セッション数は初回訪れたページだけに割り振られる

これは、ページ単位のディメンションをカスタムレポートで作ると起こる現象です。

[ページ単位のディメンション]

  • ページ
  • ページタイトル

カスタムレポートでこの現象を回避する対策は「ページ別訪問数」

そもそもがユーザー数とセッション数を並べて何を調べるか、調べる目的は何かです。もしページA、ページB、ページCそれぞれの訪問回数を調べたいというのであれば、ここで使うべき指標は「ユーザー数」や「セッション数」ではなく、「ページごとの訪問回数」です。ページごとの訪問回数を調べるのであれば、ディメンションは「ページ別訪問数」が良いかと思います。

1.カスタムレポートで下記のような設定で保存します。

・指標グループ:ページ別訪問数
・ディメンションの詳細:ページ

ディメンションは「ページ別訪問数」

2.下記のようなレポートが作成されます。

ディメンションは「ページ別訪問数」

[時]を使っても同じ現象が起きるので注意

ちなみに「ページ」同様に「時」という指標を使ってもユーザー数がセッション数を上回る場合があります。「時」や「時間帯」などのディメンションと、「ユーザー数」や「セッション数] の指標を掛け合わせるとセッション数よりユーザー数が多くなることもあります。

この理由はセッションが長時間にわたる場合です。セッション数はセッションが開始された時刻にだけ「1」カウント入ります。逆にユーザー数はセッションがアクティブな間は毎時間カウントされるためです。

例えば一人のユーザーが下記のような行動だったとします。
セッション開始:8時55分
セッション終了:9時55分

この場合、
セッション数は8時に「1」、9時は「0」となりますが
ユーザー数は8時に「1」、9時に「1」とカウントされるので全体数は「2」となります。

[参考資料]
https://support.google.com/analytics/answer/2934985?hl=ja

まとめ

いかがでしたでしょうか?

【Googleアナリティクス(UA)】カスタムレポートでユーザー数がセッション数より多くなる理由でした。ユーザー数とセッション数、似たような指標ですが組み合わせるディメンションによっては「え?」という数字がでますので、考え方の理解が必要です。

それではまた!

※作業の前は必ずバックアップをとってください。
※記事は独断と偏見で書いています。
最新記事は、ケンジのTwitterでもお知らせしています。ぜひフォローしてね!

Related関連記事