メインビジュアル

日報ブログ

第4期(2020年3月期)のふりかえり~企業研修の増加、2名の採用、ウェブ解析コンサル開始、東京オフィス開設など~

ウエブルのゆるい日報

代表の増子です。ウエブルは2020年3月で、第4期の決算を迎えました。
ここまで続けてこられたのも、お客様、パートナー様、メンバーのみんな、そして支えてくれた家族や友人といったすべての皆様のおかげと、心より感謝申し上げます。
期をまたいで、ずっとブログを更新しようしようと思いながら、早くも2ヶ月経ってしまいましたが、この2ヶ月は新型コロナウイルスの影響を受けられているお客様を中心に、私たちができうるお手伝いをさせていただき、在宅でいながら駆け抜けるような日々でした。
この様な状況下ではありますが、いえ、だからこそ自社の歩みを振り返り、世の中・お客様に対して提供できる価値を再確認して、目標を新たにしていきたいと思います。
まずは第4期の振り返りをし、そして次の記事では、既に始まっている第5期の目標を記します。

第4期(2019年4月~2020年3月期)のふりかえり

2019年4月~2020年3月期で取り組めたものをまとめてみました。

走っている間は目の前のことに必死にもがいているのですが、振り返って俯瞰することで、多くの経験をさせていただき、長年やりたかった事のいくつかを実現できていたことに気が付きます。

1.企業研修を中心に、ウェブのノウハウ提供のセミナーを実施

新しくインハウスのウェブ担当者を育てられたい企業様や、ウェブ制作も手掛けられたいグラフィックの会社様を中心に、企業研修の形で、ウェブ制作のノウハウを共有させていただきました。内容はウェブディレクションからウェブデザイン、アクセス解析まで。私たち自身にとっても、ノウハウを体系化する良い機会になり、皆様が懸命に学ばれる姿に刺激をいただきました。

2.2名のメンバーを採用

4月に、かねてよりパートナーとしてフロントエンドを手伝ってくれていた松原を正社員として採用。ものすごい成長とアウトプットを見せてくれています。翌2月には、ずっと一緒に仕事をしたいと思っていたかつての同僚である井澤が、東京在住のままジョイン。念願の東京オフィス開設がかないました。
あるお客様(社長)が以前「スタッフに出会えば出会うほど、僕の夢もかなっていき、スタッフの夢も叶えたい」と仰っていたことがあったのですが、まさに受け売りのごとく、仲間が増えていくたびに、自身の夢がかなっていくように思います。そして彼女たちの夢が重なる会社でありたい。「やりたいこと」ができ、「ありたい姿」を実現するのを、応援できる会社であり続けたいと切に思います。

3.ウェブ解析スキルの向上とコンサルテーションの開始

フリーランス時代より追っかけをしていた小川卓先生が主催されている「提案型ウェブアナリスト育成講座」を受講し、小川先生から生きたウェブ解析のノウハウを直接学ばせていただくことが出来ました。仲間達との出会いもありました。
その後、同講座でモニターサイトになってくださったECサイトのお客様から、本格的にコンサルティングの依頼を頂き、ウェブ解析を通したコンサルテーションを本格的に開始ました。お客様との半年間の粘り強い改善活動の末、売上を10倍にされるというプロセスをご一緒できたことは、私達にとっても学びと喜びの多い出来事でした。(ここについて後日、記事にできればと思っております。)

4.東京オフィスの開設

東池袋のコワーキングオフィスでのなんちゃって進出ですが、かねてからの東京のお客様や、新たにご縁をいただいた東京のお客様へのサービス提供をさらに手厚くしながら、地元のお客様とのご縁を大切に、両方に還元していきたいと思います。地方と都会と言う二項対立ではなく、デジタルのツールや文化が浸透しつつある現在においては、その境はある程度ファジーになるし、それぞれの良さを拡張しながら、ますます協働できることを確信します。

5.EC事業部の開設

前職で立ち上げたネットショップの運営代行を承るとともに、個人事業で行っていたAmazonでの物販事業をウエブル内で行う形になりました。
ECのリアルタイムな生きたノウハウを獲得し続けることで、ECサイト運営者のサポートにも役立てて参ります。(「最近リリースされた、楽天のあの施策ってどう?」みたいな話題についていけるはず。)

その他

・4期連続黒字、成長率は180%を達成できました。(昨年売上対比)
・コーチングを学び始めました。(メンバーを人生まるごと応援できるようになりたい)
・川崎をはじめとしたメンバーの成長が著しく、皆がいてくれることで社長をさせて貰えていることを実感。ここにきて組織で成果を出していくと言うことを学ばせて貰っています。
・盛和塾最後の1年に塾生になり、京セラ創業者の稲盛和夫さんの経営哲学を学ばせていただきました。(以後継続)
・念願の東京にひたすら通いました。会いたい人たちにもいっぱい会えて、幸せな1年でした。

個々に掘り下げて記事にしたいトピックもありますが、またの機会に。

最後に

会社設立から3年半(1期が半期決算でした)。
スタートアップのようなやり方ではありませんが、目の前の方のご期待にお応えしていくことの積み重ねで、少しずつ成長させていただけています。営業らしい営業をしていない弊社ですが、ご縁あって私達に期待と親愛を持ってご依頼くださるお客様がいてくださることに、心から感謝致します。お客様にウエブルのファンになってもらい、私達もお客様のファンになっていくような歩みだったと感じています。
川崎をはじめメンバーには苦労もかけていますが、苦楽をともにしてくれ、目の前のことに日々まっすぐに取り組んでくれるみんなに、本当にありがとう。
私に経営のイロハを教えてくれる実父・義父、支えてくれる家族・友人やステークホルダーの方々にも感謝いたします。
まだまだこれから!4月から第5期が既に始まっていますが、夢を持って、足元は整えて、歩んで参りたいと思います。
(と、最後の締めくくりがFacebookで投稿した文章の転用ですみません…)
次の記事では、第5期の目標について書いていきたいと思います。

 

 

Related関連記事