メインビジュアル

日報ブログ

GTM(タグマネ)を使ったGA4の導入方法!GTM経由のメリット解説!

GA4研究所
ケンジ
AUTHOR ケンジ
GTM(タグマネ)を使ったGA4の導入方法!GTM経由のメリット解説!

この記事は、下記のような方々にオススメしています。

  • GA以外にもヒートマップなどの分析ツールを使っている方
  • クリックやスクロール、動画再生数などWEBサイトの中を詳細に分析してPDCAを回したい方
  • デジタル広告を運用している方
  • Googleアナリティクス(UA)をすでに扱っている方
  • GTM(Googleタグマネージャー)をお持ちの方

※初心者でもできるように、わかりやすい説明にしてあります!

はい、みなさんこんにちは!WEBLE解析チームのケンジです。今日はGTM(Googleタグマネージャー)を使ったGA4の導入方法!GTM経由のメリット解説!についてお伝えしていきたいと思います。

このページをお読みいただく前に

先日こちらの記事を寄稿させていただき大好評でした。
【GA4とUAを両方導入しよう】2021年版!初心者でもできるGoogleアナリティクスの導入方法
たくさんの人に読んでもらえて大変うれしいです。

「ちょっと待って!GTM?タグマネ?それ何?」っていう方!
GTMについてはこちらの記事を参照してください。
今さら聞けない!Googleタグマネージャーのアカウント開設と導入方法

GTM(Googleタグマネージャー)とは?

GTMとは(Googleタグマネージャー)を略したもので、一般的にはタグを管理するツールとして知られています。

GTMに関してはこちらの記事(今さら聞けない!Googleタグマネージャーのアカウント開設と導入方法)にも書かせていただいてますが、超ざっくり言うとタグの管理が便利になるということです。

タグの管理とは?

Googleアナリティクス、ヒートマップ、レコメンドツール、各デジタル広告のツールなどなど。こういったツールのタグがWEBサイトの中にたくさん入っているようであればGTM(Googleタグマネージャー)を利用してタグを管理することをWEBLEではオススメしています。

例えばみなさんのページに

  • Googleアナリティクス
  • ヒートマップツール
  • レコメンドツール
  • Google広告
  • Facebook広告

が入っていたとしましょう。

ここに新しく「Yahoo!広告」のタグを入れたい、または新しいページ(ランディングページや新しい記事など)を作る場合、その都度タグをhtmlに貼らなくてはいけないですよね。

これは、かなりの作業になります。

そうであれば、GTM(Googleタグマネージャー)のアカウントを作成して、対象WEBサイトの全対象ページにGTMのタグを入れてしまえば、上のようなツールのタグはGTMの中で完結することができるのです。ですので、今タグが一個だとしても、これから増える可能性がある場合は、GTMでタグを管理しておいた方が便利です。

GoogleアナリティクスにとってGTMが良い理由について

Googleアナリティクスには「イベント」っていうレポートがあり、設定すればページの「スクロール率」や「読了率」(ページの最後まで読んだかどうか)が計測できるようになります。その他にもページに埋め込まれたyoutubeの「動画計測」も可能になります。

このイベントデータを取得するために、従来はGTMではなくhtmlファイルに直接書き込む必要があったのですが、今ではGTMを使えば簡単に設定ができるようになりました。

そしてこれからのGoogleアナリティクス=GA4では、「どんなデータを取得するのか=どんなイベントを取得するのか」が大事になってきます。

↓GTMの中にはイベントというタグもデフォルトで用意されている
1.GTMの中にはイベントっていうタグもデフォルトで用意されいる

GA4を使いこなすにはこのイベントデータを取得する、そのためにはGTMが必要ということになります。

それでは導入&設定に入っていきましょう!

Googleアナリティクス(GA4)を導入するのに必要なもの

GTM経由でGoogleアナリティクス4を導入すには以下2つが必要です。
1)GTMのアカウント
2)Googleアナリティクスのアカウント

※2)のGoogleアナリティクスのアカウントについては、下記の記事で説明しています。(作成は、利用規約のところまででOKです。)
【GA4とUAを両方導入しよう】2021年版!初心者でもできるGoogleアナリティクスの導入方法

GAの管理画面で測定IDを抽出する

1)Googleアナリティクスの管理画面を開きます。

3.Googleアナリティクスの管理画面を開きます

2)次にプロパティの中の「データストリーム」をクリックし、「ウェブ」を選択します。

4.プロパティの中の「データストリーム」をクリックし、「ウェブ」を選択

3)「サイトのURL」「サイト名」をそれぞれ入力します。

5.「サイトのURL」「サイト名」をそれぞれ入力。

4)あとで使うので、右上に測定IDがあるのでこれを憶えておきましょう。

(万が一ここで忘れてしまってもあとで見れるので大丈夫です。)
6.測定ID右上に測定IDがあるので

GTMにGoogleアナリティクス4(GA4)のタグを設置する

1)GTMにログインしたら、コンテナに移動します。

(画面はコンテナを2つ作ってありますが、初めての方は1つです。)
7.GTM(Googleタグマネージャー)を開いてコンテナに移動

2)左メニューから「タグ」をクリックします。

10.「タグ」をクリック

3)新規をクリックします。

11.続いて新規をクリック

4)タグの名前を任意で入力し、タグの設定をクリックします。

※GAやGA4などわかりやすい名前でOK。
12.タグの名前を任意で入力しタグの設定をクリック

5)Googleアナリティクス:GA4設定をクリックします。

13.GoogleアナリティクスGA4設定をクリック

6)先ほどGoogleアナリティクスでコピーした測定IDを貼り付けます。

※測定IDの確認方法を忘れてしまった場合
この記事の上に方にある「GAの管理画面で測定IDを抽出する」を再度確認しましょう。
14.先ほどGAで調べた測定IDを貼り付ける

7)「トリガー」の部分をクリックします。

15.続いて「トリガー」をクリック

8)「All Pages」を選択します。

※すべてのページでタグが発火するという設定です。
16.「All Pages」を選択

9)最後に「保存」をクリックします。

17.最後に「保存」をクリック

これで設定は完了です。最後にタグが発火されているか確認をしましょう!

GTMのタグの発火の確認方法

「タグが発火している」とは、「設定したタグが正常に動作している」事を指します。
トリガーで設定した条件が満たされたときに、GAにデータが送られていれば、タグが正常に発火していることになります。
その確認を行います。

1)はじめにGTMのコンテナでサマリーをクリックします。

2)次に「公開」をクリックします。

18.サマリーに移動して「公開」をクリック

3)さらに「プレビュー」をクリックします。

19.続いて「プレビュー」をクリック

4)GAを導入したサイトのURL (測定IDのサイト)を記入して「Start」をクリックします。

20.GAを導入したサイトのURL (測定IDのサイト)を記入し「Start」をクリック

5)下記のように「GA4設定」「Tags Fired]という表記があればタグの発火は成功!

GA4でデータが取得できていることになります( `ー´)ノ
21.こちらの表記があればタグの発火は成功

Googleアナリティクスでデータが取れているか確認

もう少しですのでがんばりましょう!

1)PCでもスマホでもいいのでGAを入れたWEBサイトにご自身でアクセスしてください。

データが飛んでいるかを確認します。
22.PCでもスマホでもいいのでGAを入れたサイトにご自身でアクセス

2)続いてGoogleアナリティクスを開きます。

3)左メニューから「リアルタイム」というレポートをクリックします。

23.Googleアナリティクスを開き、左メニューの「リアルタイム」を開いてレポートを確認

データが計測されていれば無事設定は完了です。
おつかれさまでした!!

※データが取れていないとき=データが「0」のときは以下のような可能性があります。

  • 自身のPCやスマホでアクセスしたけど、GAを開くのに時間がかかってしまった。(もう一度PCかスマホでアクセス)
  • GTMのタグがページに入っていない。

まとめ

みなさん導入&設定はできましたでしょうか?
次回はGTM経由でユニバーサルアナリティクスの導入方法をお届けしたいと思います。

え?GA4でいいんじゃないの?って思いますよね。実はGA4は、2021年3月現在、定期的にアップデートを繰り返している状態です。事例や参考書も出てないので分析ツールとしてはまだまだ使いづらいのが現状です。

GA4は然るべきタイミングで引っ越しできるようにデータを貯めておき、従来のGoogleアナリティクス(UA)は使えなくなるまで使っておくことをオススメしていますので、GA4もUAも今は両方使えるようにしておきましょう。

それではまた!

※作業の前は必ずバックアップをとってください。
※記事は独断と偏見で書いています。
最新記事は、ケンジのTwitterでもお知らせしています。ぜひフォローしてね!

Related関連記事